東名「逆ギレ」男の恐怖 理不尽な場面で注意もできない…

2017/10/18 11:30

 今年6月、東名高速道路下り線で起こった妨害行為による死傷事故で、被害者の車を執拗(しつよう)にあおりながら追い越し車線で停車させ、追突事故を引き起こしたとして「自動車運転死傷処罰法違反」(過失運転致死傷)で逮捕された石橋和歩容疑者(25)は、事故の1カ月前にも3台の車に対して、進路妨害や幅寄せ、接触、窓をたたくなどの行為をしていたという。今回の事件はこのまま「過失」で処理されてよいのか。過去の妨害行為の事実も積み上げ、「未必の故意」が立証されるべきだとの声もある。

あわせて読みたい

  • あおり運転の43歳男を指名手配 帰省ラッシュで被害にあっても「人の多いところまで逃げる」

    あおり運転の43歳男を指名手配 帰省ラッシュで被害にあっても「人の多いところまで逃げる」

    週刊朝日

    8/17

    あおり運転に厳罰化の流れ作る 強要容疑の高速殴打男の「功績」

    あおり運転に厳罰化の流れ作る 強要容疑の高速殴打男の「功績」

    週刊朝日

    12/20

  • “あおり運転”被害者にならないための「スルー法」は?

    “あおり運転”被害者にならないための「スルー法」は?

    週刊朝日

    8/28

    逃げ得は許さない! 名古屋ひき逃げ事件で4年目に異例の起訴

    逃げ得は許さない! 名古屋ひき逃げ事件で4年目に異例の起訴

    週刊朝日

    4/6

  • 大津市の園児2人死亡事故の被告が控訴 現場交差点を記者が走ってみた

    大津市の園児2人死亡事故の被告が控訴 現場交差点を記者が走ってみた

    週刊朝日

    3/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す