3千万円の税金かけた選挙推進映画「希望の党☆」が公開中止になった理由は忖度

2017解散総選挙

2017/10/17 11:02

 総選挙も後半戦。各政党は支持の訴えとともに、投票に行くよう呼びかけている。その陰で、12年前に税金で作られたある短編映画がインターネット上から削除された。投票に行くことの重要性を訴える内容で、本来ならこの時期にこそ見てもらいたいものだが、何がまずかったのか。取材すると見えてきたのは、公益財団法人「明るい選挙推進協会」の“忖度”とも言える対応だった。

あわせて読みたい

  • もはや顔が違う? 自由すぎる選挙キャラクター「ご当地めいすいくん」とは

    もはや顔が違う? 自由すぎる選挙キャラクター「ご当地めいすいくん」とは

    dot.

    11/22

    切り札はあるのか? 「小池不出馬」のシナリオを暴く!

    切り札はあるのか? 「小池不出馬」のシナリオを暴く!

    週刊朝日

    10/10

  • 資金力を優先? 候補者から見えた希望の党「苦肉の策」

    資金力を優先? 候補者から見えた希望の党「苦肉の策」

    AERA

    10/21

    立憲民主議員「自公対希望の選挙ではない」小池代表の“強引さ”に本音

    立憲民主議員「自公対希望の選挙ではない」小池代表の“強引さ”に本音

    AERA

    10/11

  • 小池都知事は民進党解党でも「ブランドは安売りしない」

    小池都知事は民進党解党でも「ブランドは安売りしない」

    週刊朝日

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す