丹羽宇一郎 「今、若い人が恋愛できない」理由を語る

林真理子

2017/10/02 11:30

林:あれまあ。

丹羽:あまり小説で感動できなくて。でも、ロマン・ロランの『ジャン・クリストフ』や『魅せられたる魂』は、人生の指針になるほど感動しました。ベートーベンやミケルアンゼロ、トルストイの3人の天才の力がジャン・クリストフの中に投げ込まれており、ジャンという人物の基調となっています。

林:私は途中で挫折した思い出しかありません。でも、会長も『ジャン・クリストフ』を最近また読み返したら、途中でギブアップしたそうですね。年齢とか時代によって、同じ本でもまったく印象が違って。

丹羽:そうなんです。昨年末、最近感動する本がないからと『ジャン・クリストフ』をまた読んでみたんだけど、感動しないんです。年齢や環境、過去の読書歴によって感じ方が違うんだと改めて思いました。結局半分でやめてしまいました。

林:会長は、「おすすめの本は?」と聞かれると、「そんな本はない」とおっしゃるそうですね。

丹羽:そうそう。「自分が読みたい本を読むのが読書です。私の経験と感じ方で、ある本をおもしろいと思っても、あなた方に感動を与えるとは限らない。自分にとっていい本は、あなたが決めなさい」とお答えしています。飢餓に瀕すれば何を食べてもおいしいと思うのと同じで、まずは求める気持ちがないといけません。

林:どうしたら飢餓状態になりますかね。今の子はスマホ、スマホ、ユーチューブ見てまたスマホ……。

丹羽:想像力が不足してることを、本人が自覚しなきゃいけない。

林:会長は恋愛なさったとき、生身の女性は本で読んだとおりとか、本よりがっかりとか、思われましたか。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 丹羽前駐中国大使 「尖閣問題は解決しなくていい」

    丹羽前駐中国大使 「尖閣問題は解決しなくていい」

    週刊朝日

    2/5

    中国は日本経済抜きでは無理 丹羽前駐中国大使が語る

    中国は日本経済抜きでは無理 丹羽前駐中国大使が語る

    週刊朝日

    2/4

  • 死ぬほど読書

    死ぬほど読書

    週刊朝日

    9/27

    受験の合格点すら違う 中国・都市と農村で戸籍格差

    受験の合格点すら違う 中国・都市と農村で戸籍格差

    AERA

    3/26

  • 岡田晴恵、サカナクションに共感「いつも『あおり』って言われる」

    岡田晴恵、サカナクションに共感「いつも『あおり』って言われる」

    週刊朝日

    10/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す