「牛肉にだけはうるさい」小倉久寛が絶賛する「ビフテキ丼」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「牛肉にだけはうるさい」小倉久寛が絶賛する「ビフテキ丼」

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤坂 津つ井東京都港区赤坂2-22-24 泉赤坂ビルB1・1F/営業・平日11:30~14:30L.O.、17:00~21:30L.O.、土日祝12:00~15:00L.O.、16:30~21:30L.O./休日・第1・3日、祝日の月(撮影/山本倫子)

赤坂 津つ井
東京都港区赤坂2-22-24 泉赤坂ビルB1・1F/営業・平日11:30~14:30L.O.、17:00~21:30L.O.、土日祝12:00~15:00L.O.、16:30~21:30L.O./休日・第1・3日、祝日の月(撮影/山本倫子)

赤坂名物“ビフテキ丼”初代・筒井厚惣氏が、うな丼をヒントに考案した名物丼。最高級の黒毛和牛ロースを甘辛いタレにくぐらせ網焼きに。ほどよくサシが入った肉はやわらか。溶かしバターの風味が広がり、黒コショウが肉のうまみを引き立てる。赤だし、香物付き。2600円。税抜き。*地域限定で折り詰めのデリバリーも可能。2840円。税込み(撮影/山本倫子)

赤坂名物“ビフテキ丼”
初代・筒井厚惣氏が、うな丼をヒントに考案した名物丼。最高級の黒毛和牛ロースを甘辛いタレにくぐらせ網焼きに。ほどよくサシが入った肉はやわらか。溶かしバターの風味が広がり、黒コショウが肉のうまみを引き立てる。赤だし、香物付き。2600円。税抜き。*地域限定で折り詰めのデリバリーも可能。2840円。税込み(撮影/山本倫子)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、俳優・小倉久寛さんの「津つ井」の「ビフテキ丼」だ。

【写真】赤坂名物“ビフテキ丼”はこちら

*  *  *
 僕は松阪牛で有名な三重県出身。とくにグルメというわけではないですが、牛肉にだけはうるさいんですよ。

 数年前、座長をつとめた歌あり、ダンスありのものすごくハードな舞台がありまして、一日2回の公演で体力的にもへとへとだったんですね。そんな時、うちの事務所の会長がキャストやスタッフ全員に差し入れてくれたのが、このビフテキ丼のお弁当でした。

 最初に口にした時、肉が僕好みのやわらかさで、しかも脂がしつこくなくて驚いた。お弁当にもバターがのっているのですが、甘辛いタレに溶けこんで、ごはんが進みました。しかもステーキって焼きたてこそがおいしいと思うじゃないですか。でも、これはテイクアウトで冷めてはいたけど大満足の味だった。

 舞台公演が始まると楽屋生活になりますから、お弁当は楽しみのひとつ。これを食べたあと、夜の公演は、テンション上がりますね。いつか赤坂のお店に行って、焼きたてのあたたかい丼も食べてみたいと思っています。

「赤坂 津つ井」東京都港区赤坂2‐22‐24 泉赤坂ビルB1・1F/営業時間:平日11:30~14:30L.O. 17:00~21:30L.O. 土日祝12:00~15:00L.O. 16:30~21:30L.O./定休日:第1・3日、祝日の月

週刊朝日  2017年10月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい