AERA dot.

常識を覆す玄米に1キロ1万円超えの世界最高米… 最新おコメ事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

深刻な「コメ離れ」が叫ばれる一方で世の中にはブランド米がわんさかと誕生している(※写真はイメージ)

深刻な「コメ離れ」が叫ばれる一方で世の中にはブランド米がわんさかと誕生している(※写真はイメージ)

世界最高米(写真提供・東洋ライス)

世界最高米(写真提供・東洋ライス)

 深刻な「コメ離れ」が叫ばれる一方、世の中にはブランド米がわんさかと誕生している。その中から、常識を覆す玄米と、世界最高米を紹介する。

【写真】1キロあたり1万1304円!世界最高米はこちら

■常識を覆す玄米が誕生

 体に良くて食べやすくてすぐに炊ける。宮城県で誕生した胚芽の大きさが通常のコメの約3倍という玄米「金のいぶき」が、2014年産の新米から本格的に一般市場に出た。GABAや食物繊維、ビタミンE、γ-オリザノールなどの栄養機能成分や甘み成分を豊富に含み、ふっくらもっちりとした食感と胚芽のプチプチ感が特徴だ。「高機能玄米協会」がこの種を見いだし、09年に収穫。さて次の段階へというときに東日本大震災が起きた。その後、津波をかぶった後のがれきの中で田植えをし、実った。稲の息吹いた田んぼが金色に見えたことから「金のいぶき」と名付けられた。

 健康食品大手「ファンケル」(横浜市)から「発芽米 金のいぶき」として販売され、このほか、全国のコメを取り扱う「神明」(神戸市)や亀田製菓(新潟市)なども販売している。神明は昨冬、直営の外食店「SABAR+(サバープラス)」を東京・上野にオープン。「ぷちぷち玄米とごはん」は食べ放題という。

■1キロあたり1万1304円!

 東洋ライス(東京都中央区)は、7月24日に2017年の「世界最高米」の販売を開始した。同社は、15年に世界最高米事業を開始。6合(840グラム)1万800円(消費税、送料込み)で、うまみと栄養価を残す「金芽米」加工にした最上級米。8月1日から日本橋三越本店で会員向けに限定販売し、9月末には香港やシンガポールにも販路を拡大する。

週刊朝日  2017年9月15日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加