津田大介「大規模な通信障害の意外な“犯人”」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。津田氏は先月25日に起きた大規模通信障害を例に、インターネットの「もろさ」を指摘する。

*  *  *
 8月25日正午過ぎ、インターネットの接続が不安定になる大規模な通信障害が発生した。インターネットに接続できない、一部サービスにつながらないといった報告が各地で相次いだ。

 インターネット接続サービス最大手のOCNは、同社の通信の一部で12時22分頃から「断続的に利用できない状況が発生」したと報告。その原因を「海外の経路不安定事象」とし、12時45分に復旧したと説明した。大手通信事業者のKDDIも、同様の障害があったことを明らかにしている。

 この障害によってネットを利用したさまざまなサービスが影響を受けた。一部のオンラインバンキングやネット証券サービス、動画配信サービス、オンラインゲームやスマホゲームに接続障害が発生。JR東日本のモバイルSuicaがチャージできないといったことも報告されている。いずれも同日夕方までには復旧した。

 夕方までには収束したとはいえ、全国規模の障害ということもあり、その原因に注目が集まった。翌26日、米IT大手のグーグルが、この障害が同社の「ネットワークの誤設定」に起因していることを認め、謝罪したのだ。“犯人”は意外なところにいた。

 誤設定は「8分以内に正しい情報に更新した」とのことだが、詳細は明らかにされていない。専門家はグーグルが誤った「経路情報」を大量に流したために、障害が引き起こされたのではないかと指摘している。

 我々が普段ネットを使う際この経路情報を意識することはないが、ネットにとっては非常に重要な存在だ。インターネットはそもそもの仕組みとして、大手インターネット企業や通信事業者の大規模ネットワークを相互に接続することで成り立っている。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック