AERA dot.

早実・清宮VS.広陵・中村 どっちがすごいか江本・衣笠が辛口採点

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

清宮(左)と中村は、U18W杯にも出場(c)朝日新聞社

清宮(左)と中村は、U18W杯にも出場(c)朝日新聞社

 今夏の高校野球で話題を集めた清宮幸太郎(早稲田実)と中村奨成(広陵)。ともにプロ球界注目の逸材だが、どっちがスゴイか。往年のスター2人に聞いた。

 元広島選手で、野球解説者の衣笠祥雄さんは言う。

「野球の華はホームラン。このまま素直に成長すれば、プロで球界を盛り上げてくれるのは清宮君でしょう。体の使い方が器用で、体の回転のしかたがうまい。ホームランの歴代記録に名を連ねる資質を持っています。しっかりした指導者にめぐり合ってほしい」

 一方、中村については、

「厳しいことを言うようですが、打撃は突然甲子園で目立った面がある。運の強い子だが、ホームランバッターのフォームではないと思う。プロではそう簡単に本塁打は打てないと思う。僕はむしろ、肩のすばらしさを評価する。変に打撃だけにこだわらず、捕手としての能力を伸ばしてほしい」と助言する。

 元阪神選手で、野球解説者の江本孟紀さんも「プロで即戦力なのは、清宮でしょう」と指摘する。

「体が大きく、ムチがしなるような柔軟性があり、今の時点でできあがっている。スイングも速く、すでにプロでやれる資質を持っていますね。守備の甘さが指摘されますが、練習すればうまくなりますよ」

 プロ挑戦を表明する中村にはこうアドバイスする。

「いいセンスですが、キャッチャーというポジションは、完成までに時間がかかる。まずは大学に行ったほうがよいのでは。うまく成長すれば、将来キャッチャーの大選手として成功する可能性がありますね」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加