東尾修 久々の清原和博メディア登場に「少し安心した」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東尾修 久々の清原和博メディア登場に「少し安心した」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
体ができればプロ1年目から1軍定着も夢ではない、広陵の中村

体ができればプロ1年目から1軍定着も夢ではない、広陵の中村

 開幕前は“清宮不在”と騒がれたものの今年も数々のドラマが生まれた甲子園。西武の元エースで監督経験もある東尾修氏は投手出身だからこそ、あえて言いたいことがあるという。

*  *  *
 高校通算107本塁打の清宮幸太郎擁する早稲田実が西東京大会で敗れ、甲子園の注目が半減……なんてことはなかった。選手は心技体に全力を尽くし、多少ミスが出て勝敗につながったとしても、やはり高校生活を費やしてきた野球にぶつかる真剣な姿勢は見る者を感動させた。いろんな議論があるけど、まずは野球に純粋に向き合い、見る者の心を震わせてくれたすべての球児に感謝したい。

 その上で。今大会は68本塁打が生まれた。これまで最高の60本塁打を8本も上回ったという。中軸だけでなく、下位打線の選手の一発も特に多く感じた。どの選手もスイングスピードが速い。科学的なトレーニングを導入し、体幹から強くなっていることを実感した。プロの世界でも、メジャーの世界でも打高投低となっているが、高校野球もそう感じさせた。

 ただ、私は投手出身だから、あえて言いたい。投手は超高校級といえる速球を投げ込む投手がいなかった。力でねじ伏せられる投手が少なかったよね。ピンチを迎えて制球力が上がるような投手も少なかった。灼熱(しゃくねつ)の甲子園とはいえ、打者を見下ろして投げられるような投手がいなかったのは気にかかるな。今年だけがそういった投手が少ない……と割り切ってしまうと、投打の差は広がる。今の1、2年生は「圧倒する」という意識で修練をしてほしい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい