鈴木おさむ「芸人が『発達障害』カミングアウトしたら、笑えない?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木おさむ「芸人が『発達障害』カミングアウトしたら、笑えない?」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』新連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「発達障害」をテーマに送る。

*  *  *
 先日、NHKで「ココがズレてる健常者2~障害者100人がモノ申す」という番組が放送になった。これはもともとは僕が企画した番組。スタジオに100人の障害者が集まり、健常者といろんな企画を行う。視覚障害のある女性が、目が見えなくても男性がイケメンかどうかがわかるという話になり、声を聴くと、ハゲかどうかもわかるという。実際にスタジオにいた芸人さんの声を聴き、ハゲかどうか当てると、意外と高確率だったりして。その女性曰く「声がハゲている」と言うのだ。もちろん大爆笑。

 個人的に、一番白熱した話し合いになったのは、ADHD、発達障害のカミングアウトについて。僕は今年、ある若手芸人A君から「病院で検査したら発達障害であることがわかりました」と告白された。そのときにA君は近い人たちにはそのことを伝えたが、公表はしないと言った。

 そこで番組では「芸人さんが発達障害だった場合は、それを世間に公表するかどうか?」というテーマで話し合った。ちなみに、A君は、飲み会などでも空気を読まずにガンガン発言して、それがおもしろかったり、時には先輩をかなり怒らせてしまったりする。

 スタジオでは、芸人側は、公表したら「笑えなくなってしまうんじゃないか」という人も多かった。天然ボケだと思って笑っていたが、それが発達障害だと言われた瞬間に笑えなくなると。理想としては、そのことを公表しても笑えるような世の中になるのが一番いいのだと僕は思う。が、そこは遠い。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい