AERA dot.

目玉の小泉進次郎氏に逃げられ、五輪相は断っていた野田聖子総務相

このエントリーをはてなブックマークに追加

新内閣から逃げた?小泉進次郎衆院議員 (c)朝日新聞社

新内閣から逃げた?小泉進次郎衆院議員 (c)朝日新聞社

 組閣を巡っても最大の目玉の小泉進次郎衆院議員には「最初は農水相、次に官房副長官を打診したが、いずれも足蹴にされた」(前出の政界関係者)という。

 さらに入閣しなかった石破茂元幹事長だが、「離党の前科があるだけに小池百合子都知事一派の国政進出に合わせた政界再編含みで、政権批判をさらにヒートアップさせるのは間違いない」(与党関係者)。

 対照的にサプライズ人事となったのは野田聖子総務相だ。官邸関係者がその舞台裏をこう明かす。

「安倍(晋三)さんにとって、野田さんはくみしやすいと判断し、稲田(朋美)さんに代わる女性閣僚の目玉で考えていた。安倍さんが岸田禅譲に舵を切った以上、各派閥の支援を野田さんは期待できない。彼女は脱アベノミクス勉強会に出席しましたが、周囲は『呼んでもないのに、パフォーマンスだ』と批判していた。だから、彼女も自分を安倍さんに高く売ったのです。当初、安倍さんは丸川(珠代)さんの後任の五輪相起用で打診しましたが、断ってきた。重要閣僚として処遇しろというので、総務相、女性活躍担当相を兼務することになったんです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   安倍政権 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加