堂本剛「30歳くらいでやめているのかと」キンキ20周年を語る  (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

堂本剛「30歳くらいでやめているのかと」キンキ20周年を語る 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

KinKi Kidsが20周年を語る(※写真はイメージ)

KinKi Kidsが20周年を語る(※写真はイメージ)

 1997年7月21日にシングル「硝子の少年」とアルバム「A album」の同時発売でCDデビューしたKinKi Kidsが、今月20周年を迎える。新曲「The Red Light」の発売をはじめ、記念コンサート、音楽番組「LOVE LOVE あいしてる」(以下、「LOVE LOVE~」)やドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」(以下、「未満都市」)の復活など、イベントが目白押しだ。堂本剛さんにこれまでのことや、これからについて聞いてみた。

*  *  *

──20周年に向けて、イベントが目白押しですね。

 僕は記念日ほど普通に過ごそうとするクセがあって。いろんなイベントがありますが、ナチュラルに柔らかく過ごせたらいいなと思いますね。

──新曲「The Red Light」も発売されます。

 作詞作曲は久保田利伸さんですが、僕自身もいわゆるブラックミュージックと呼ばれているジャンルの曲を作ったりしているので、今回こういう楽曲をいただいてうれしかったですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加