国産「P1」パリにたどり着けず 機体トラブルの“深刻さ”

2017/07/06 07:00

 海上自衛隊が保有する哨戒機「P1」は、「P3C」の後継機として開発された初の純国産機だ。米軍の「P8」と並ぶ機動力を誇る。6月19、20日には、世界的に有名なフランスの国際航空ショーに初めて参加。その高性能な装備を各国の航空業界関係者にお披露目するハズだった。

あわせて読みたい

  • 航空・海上・陸上自衛隊 現在の装備と実力

    航空・海上・陸上自衛隊 現在の装備と実力

    AERA

    12/7

    F35A国内生産スタート 「国産」ステルスの視界不良

    F35A国内生産スタート 「国産」ステルスの視界不良

    AERA

    6/14

  • 弱体な中国海軍 問題は日本をはるかに上回る空軍

    弱体な中国海軍 問題は日本をはるかに上回る空軍

    AERA

    11/28

    1機200億円余のオスプレイが尖閣防衛で役に立たない理由

    1機200億円余のオスプレイが尖閣防衛で役に立たない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    9/7

  • バカ高い日本のF35 裏に国内の軍事メーカー保護

    バカ高い日本のF35 裏に国内の軍事メーカー保護

    週刊朝日

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す