不調の松山英樹を「空回りしてるだけ」と丸山茂樹が推測 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不調の松山英樹を「空回りしてるだけ」と丸山茂樹が推測

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
長いシーズン、こんな時期もある(※写真はイメージ)

長いシーズン、こんな時期もある(※写真はイメージ)

 8試合続けてトップ10から漏れているゴルフの松山英樹選手(25)。全米オープンが目の前に迫った時期とあって不安視されているが、丸山茂樹氏の分析は?

*  *  *
 海外メジャー第2戦「全米オープンゴルフ選手権」(6月15~18日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズGC)が迫ってきました。一方で松山英樹の調子が上がってこないと心配する声も耳に入ってきますけど、僕はあまり心配してないんです。

 英樹は2月のフェニックス・オープンで2連覇して以降、8試合続けてトップ10に入れない状況で全米オープンを迎えます。彼と話をしてないから、どんなことに悩んでるのか明確なことは分からないですけど、「いろんな怖さも出てきた」という趣旨のコメントがありました。米ツアー4年目と経験値が上がってきたからこそ感じることが、英樹のゴルフを邪魔してるんでしょうね。たとえばショットの調子が悪くて、修正のために練習をする。それでも直っていかない。きっと、そういった「これまでだったら~なのに」という思いの繰り返しなんでしょう。そしてまた、ストレスやイライラがプレーの邪魔をする。

 そうやって空回りしてるだけだと思うんです。だから心配してません。これがね、もっと成績が落ち込んでるんだったら、「大丈夫かな」「メンタルやられちゃってんじゃないかな」なんて思うんですけど。全米オープン前最後の試合も出入りの激しいゴルフでしたが、最終日に2アンダーで回って65位から45位まで上げましたから。4日間のリズムが悪いだけだと思うんです。

 最近、世界ランク1位を経験したジョーダン・スピース(23)もジェイソン・デイ(29)も、いつも絶好調なわけじゃない。テニスの錦織圭君(27)も、世界4位までいったあと、少し苦しんでるじゃないですか。9位まで落ちて。全仏オープンでも苦しみながら頑張ってベスト8までいった。英樹にとってもそういう時期だと思うんです。1カ月後はどうなってるか分からないですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい