被災地で横行? “除染とばし” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

被災地で横行? “除染とばし”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
除染が行われた被災地

除染が行われた被災地

 今年2月、南相馬市にある、除染を手掛けた環境省の福島環境再生事務所に出掛け、担当者に直接、真相を聞いた。

「まったく除染していないと認め謝罪があった。そこで私は近所でまったく除染していない家が2軒ある“除染とばし”は組織的だと詰め寄った。担当者は、否定しつつも調べると約束しました」(Aさん)

 南相馬市小高区の江井績(えぬいいさお)さん(75)は南相馬市と合併するまで、小高町長を2期6年務めた。原発事故後は「小高区民を守る会」の代表を務めている。「除染とばし」の実例は江井さんの耳にも入っているという。

 江井さんの知人Bさん(75)の小高区内の家を訪ねてみた。自宅に隣接した畑地の真ん中を市が管理する農道が通っている。農道の途中までは真新しい砂利が敷き詰められ、表土をはいで除染が行われたのがわかる。ところが、なぜか途中で砂利面は途切れ、雑草で路面が覆われている。

「聞いたところ、そこで除染を中断したまま、業者が来なくなった。環境省の地元事務所に問い合わせると『忘れていた』と除染していないことを認めた。はいだ表土は放射性廃棄物なのに、その場に置き去りになっているずさんさです」(江井さん)

 環境省の福島環境再生事務所はこう答えた。

「Bさん宅は一部は除染していた。老朽化した家屋があり、倒壊のおそれがあったからできなかった」

 Bさんに「除染をしていない」と説明した内容と食い違う。

 除染作業を請け負ったJVの一つ、大成建設は本誌の取材にこう回答した。

「一部の除染はせずに完了としていたのは事実。指摘を受け再度除染をしました。担当者の誤認でご迷惑をかけた」

 前出のAさんは訴える。

「除染とばしが横行しているとなれば、安心して帰れない。あえて公表しました」(今西憲之、烏賀陽弘道)

週刊朝日 2017年6月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい