患者数1位の「大腸がん」 遺伝子検査で決める「最適薬」とは?

がん

2017/06/04 07:00

 大腸がんは、年間罹患者数14万7200人(国立がん研究センター、2016年予測)で、がんの中で1位。好評発売中の週刊朝日ムック「大腸がんと診断されました」から、注目の遺伝子検査の現状と今後期待される最先端の検査について紹介する。

あわせて読みたい

  • 目覚ましい進化! 大腸がんの薬物治療法とは

    目覚ましい進化! 大腸がんの薬物治療法とは

    週刊朝日

    8/30

    がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

    がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

    週刊朝日

    8/14

  • 10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    AERA

    2/8

    「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    dot.

    5/11

  • がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    AERA

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す