AERA dot.

ミッツ・マングローブ「『ありのままでは危険だ!』を証明した木嶋佳苗」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

『ありのまま』というのは、往々にして『痛い』もの? (※写真はイメージ)

『ありのまま』というのは、往々にして『痛い』もの? (※写真はイメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は木嶋佳苗被告から垣間見えた「ありのまま」の危険性を説く。

*  *  *
 何年か前に『ありのまま』というフレーズが流行りましたが、私はあれが嫌いでたまりませんでした。と言っても、映画自体(ちゃんと観たことはないけれど)が嫌いなわけではなく、作品と楽曲のヒットに端を発した『自分の好きなように生きりゃいいじゃん』的な、実に傲慢な正義を祭り上げた世間のメンタリティーが嫌いなのです。

 世の中、体裁や体面を繕って格好つけるから粋で美しいわけで、見栄やしがらみから『解放されたい』などと望んだ瞬間、私の人生『負け』だと思いながら生きています。これは私にとっての『アイドル理論』でもあり、アイドルが好きでアーティスト系が苦手な理由でもあります。自分や他人から課せられた使命や役割、天から与えられた格差や限界、できれば棚に上げたい不平・不都合・不条理といったあらゆる弱さを受け入れた上で勝負することが、本当の意味での『ありのまま』だと思うのです。自分らしさやこだわりなんてものは、その先です。

 さて、こちら週刊朝日も何度も取り上げた木嶋佳苗被告の裁判が、いよいよ終わりを迎えようとしています。なぜ世間は木嶋佳苗に惹かれてしまうのか。そんな記事を今までも散々目にしてきましたが、まさに『ありのまま』で勝負をしているからではないでしょうか。『ありのまま』を受け入れた人というのは、虚栄を張る努力と工夫を惜しみません。だからこそ、自分ならではの強みや得意分野を見つけることができる。無論、木嶋佳苗の勝負の仕方は間違っていましたが、なんとなくやり過ごす先にある幸せばかりが染み付いてしまっている一般社会からすれば、自分に盲信・邁進してしまえる彼女の逞しさや厚かましさは、少し羨ましく見えたのかもしれません。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   ミッツ・マングローブ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加