「天下をとったような気分」作家・平野啓一郎が明かす

林真理子

2017/04/18 11:30

 著書『マチネの終わりに』が話題になっている平野啓一郎さんが、林真理子さんと対談を行ないました。作家同士、共通の知人も多いお2人ですがじっくりお話するのは今回が初めて。京大在学中のデビュー当時のエピソードから幼少期まで、真理子さんが迫ります。

あわせて読みたい

  • 平野ノラ “一発屋”にならないための努力をネタばらし

    平野ノラ “一発屋”にならないための努力をネタばらし

    週刊朝日

    12/1

    伊藤比呂美「それが80年代の私たちよ」バブル世代の女性を語る

    伊藤比呂美「それが80年代の私たちよ」バブル世代の女性を語る

    週刊朝日

    4/2

  • 尾野真千子「デビューは“げた箱発信”」

    尾野真千子「デビューは“げた箱発信”」

    週刊朝日

    1/13

    平野啓一郎「携帯は意識的に切ったほうがいい、孤独にものを考える時間が大切」

    平野啓一郎「携帯は意識的に切ったほうがいい、孤独にものを考える時間が大切」

    週刊朝日

    3/18

  • 世界的ピアニスト・アルゲリッチの秘められた私生活を作家・平野啓一郎が直撃

    世界的ピアニスト・アルゲリッチの秘められた私生活を作家・平野啓一郎が直撃

    週刊朝日

    9/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す