dot.[ドット]

田原総一朗「籠池氏の『捨て鉢のケンカ』を買った安倍首相」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

国会で答弁する安倍首相

国会で答弁する安倍首相

 森友学園の籠池泰典氏の証人喚問がついに国会で行われた。ジャーナリストの田原総一朗氏は安倍晋三首相が籠池氏から売られたケンカを買ってしまったとみる。
*  *  *

 3月9日に大阪で大勢のメディアに囲まれて大阪府が4月の開校を認めないとしたことに強い怒りをぶちまけた籠池泰典氏が、翌日、百八十度姿勢を転換して大阪府に対する認可申請を取り下げ、籠池氏自身が森友学園の理事長を辞めると表明した。前回、私は、この姿勢の一変には、影響力の強い政治家が絡んでいるのだろうと記した。

 ところが、16日に現地視察のために問題の小学校予定地を訪れた参院の議員団に対し、籠池氏はなんと「この学園をつくるための寄付金には、安倍総理からの寄付金も入っている」と宣言した。籠池氏が頼る著述家の菅野完氏の話によると「寄付をしたのは昭恵夫人で、現金のやりとりをしたのは、昭恵氏が小学校の名誉校長に就任した日であり、金額は100万だ」ということだ。

 そして菅野氏は、籠池氏側から提供された寄付者名簿と郵便局の払込取扱票をネットで公開した。それによると、郵便局への入金は2015年9月7日となっていて、受領証の「依頼人」欄では当初、「安倍晋三」と書いた手書きの文字を修正テープで消し、「森友学園」と直した痕跡が残されているのである。

 これは、あきらかに籠池氏が安倍首相にケンカを売ったことになる。現役首相に挑むのだから、捨て鉢のケンカだ。一度は全面的に政府に従ったと見えた籠池氏にここまでの覚悟をさせたのは何だったのか。

 籠池氏の発言を受け、籠池氏の参考人招致を固く拒んでいた自民党は、参考人招致よりもはるかに強烈な証人喚問に決めた。これには野党の議員たちも驚いているが、どうやら決めたのは安倍首相のようだ。籠池氏を無視せず、ケンカを買ったということなのだろうか。

 3月23日の午前と午後、参議院と衆議院で証人喚問が行われた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   安倍政権 , 森友学園 , 田原総一朗 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加