津田大介「DeNA問題に見る、メディア運営のあり方」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「DeNA問題に見る、メディア運営のあり方」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
第三者委員会による調査報告を受け、メディア事業の再開やサービスの継続について「白紙」と表明したDeNAの南場智子会長 (c)朝日新聞社

第三者委員会による調査報告を受け、メディア事業の再開やサービスの継続について「白紙」と表明したDeNAの南場智子会長 (c)朝日新聞社

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏は、DeNAからメディアの運営あるべき姿を問う。

*  *  *
 他社記事や画像の著作権侵害、薬機法違反となる不正な情報発信など、法令違反が常態化していたことが問題視されたIT企業大手DeNAが3月13日、記者会見を開いた。

 同日、記者会見に先立って公表された第三者委員会の調査報告書によれば、同社が運営していた10サイト37万件の記事中、最大2万件の記事に著作権侵害の可能性があり、画像74万点にも著作権侵害の疑いがあるという。報告書は全276ページにも及ぶ膨大なもので、今回の問題の発端となったiemo社とペロリ社の買収経緯からメディアの運用体制に至るまで、DeNA内部で何が起きていたのか、つまびらかとなった。

 2016年12月23日号本連載の結びで「経営陣から『著作権や品質管理に対する認識が甘かった』という謝罪の言葉が出たが(中略)本当に経営陣の『認識が甘かった』だけなのか、『問題を認識しながら利益を追求するためにあえて問題点には目をつぶって突っ走った』のか。そこが現時点では明らかにされていない」と書いた。報告書を読むと後者だったことがよくわかる。2社買収時、同社の法務は買収する2社の運営するメディアが記事の画像部分で明確に著作権侵害をしていることを指摘。侵害状態を解消する措置を講じる必要があると経営陣に伝えていた。つまり、経営陣は2社が著作権的に違法な運営をしていることを認識した状態で買収し、その後も著作権侵害対策を十分に講じることなく運営を続けていたのだ。

 経営陣が2社のメディアの著作権侵害状況を改善するために講じた措置も褒められたものではなかった。記事で必要な画像を原著作権者が公開しているウェブサイトに直接リンクを張って表示させることで著作権侵害を回避したのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい