NHK「ガッテン」で起きたバッテンな問題の顛末 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NHK「ガッテン」で起きたバッテンな問題の顛末

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
NHKは事の重大さを認識できているのだろうか(※写真はイメージ)

NHKは事の重大さを認識できているのだろうか(※写真はイメージ)

 NHKの長寿番組「ガッテン!」でバッテンな問題が起こった。2月22日放送の「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」の回で、睡眠薬で血糖値が下がるかのように紹介したのだ。番組では糖尿病患者に睡眠薬を服用させ、血糖値が下がった様子を放送。患者17人中14人で改善したという医師のデータを示し、医師も「薬物は進歩し、こういう薬を使うことで血糖管理が非常によくなる」と話した。

「偶然、番組を見ていたのですが、これは問題になると思いました」

 こう話すのは、ヘルスリテラシー(健康・医療情報を読み解く力)に詳しい聖路加国際大学大学院教授の中山和弘氏だ。案の定、医師や薬剤師が素早く反応し、ツイッターなどで指摘。日本睡眠学会などもホームページ上に抗議文を掲載し、番組内で紹介された睡眠薬を販売する製薬企業も、同社の医療関係者専用サイトに「NHKに情報提供は行っていない」「不眠症治療薬であり、糖尿病治療薬としての適応はない」との文を掲載した。番組を見た患者が主治医に睡眠薬の処方を希望するケースも出てきたという。

 NHKは番組サイトのなかで謝罪文を掲載し、翌週の番組でも冒頭で3分間にわたって「説明が不十分」「誤解を招いた」などと謝罪。問題は番組の制作側にあると説明した。上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう述べる。

「あの内容を見たら、『睡眠薬で糖尿病が治るんだ』と思う。皆さんが信頼しているNHKが紹介しているんですから」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい