香川照之が結婚21年で離婚 夫婦が落ちた“梨園”という溝 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

香川照之が結婚21年で離婚 夫婦が落ちた“梨園”という溝

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#離婚
仕事は順調そのものだった香川。人生は何があるかわからない (c)朝日新聞社

仕事は順調そのものだった香川。人生は何があるかわからない (c)朝日新聞社

 俳優の香川照之(51)が、21年間に及ぶ元客室乗務員の妻との結婚生活に終止符を打った。スポーツ紙の報道によると、約2年前から双方が代理人を立て、慰謝料や長男、長女の親権について協議。合意に至り、離婚が成立したという。

 香川は、ドラマ「半沢直樹」などヒット作品に出演する売れっ子。2012年には長男とともに歌舞伎界入りし、九代目市川中車を襲名した。くしくも離婚報道が出たのは、東京・歌舞伎座での「十二月大歌舞伎」期間中だった。

「(離婚は)私の力不足」

 集まった報道陣に、そう語ったという。

 香川は歌舞伎役者・二代目市川猿翁(当時は三代目市川猿之助)と女優・浜木綿子との間に生まれた。しかし、猿翁が既婚者だった女優・藤間紫の元に走り、離婚。複雑な思いを抱いて育った香川は、自分の子供には両親の離婚という同じ経験をさせたくないと思っていたはずだ。

 歌舞伎関係者は異変を振り返る。

「中車さんの奥さんの姿を全く見ないよねという話は、奥さま方の間でちらほらありました。妻の役目として、夫の舞台中は劇場のロビーに立ってあいさつするのは当然だし、特に初日は皆さん必ず立ちます。ここ数年見ませんでした」

 香川は、父・猿翁との和解をきっかけに、46歳で、歌舞伎界としては異例の遅い入門を果たした。妻には内助の功が求められ、入門は香川だけの問題にとどまらない。離婚カウンセラーの岡野あつこ氏は指摘する。

「俳優の仕事も順調で、このままでいいものを、自分や子供の人生まで変えてしまった。仕事一筋で、デキる男性は奥さんに相談せず、良かれと決めてしまいがち。身勝手さを奥さんは許せなかったのでしょう」

 仮面夫婦という生活はありえなかったのか。岡野氏は推測する。

「梨園の妻は相当大変なはず。その覚悟を持って歌舞伎役者と結婚したならまだしも、途中からです。そんなつもりで結婚したわけではないと、耐えられなかったのでは。きっと奥さんはなんらかのメッセージを発していたはずですが……」

 長男の親権が香川側という報道が出ていることにも、不思議がる。

「兄妹を引き離すのは考えにくい。普通なら奥さんは親権を手放さない。だから、よっぽど離婚したかったんだと。三くだり半ってことではないでしょうか」

週刊朝日 2016年12月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい