“顔凝り”で「老け顔」「不幸顔」が加速 表情をほぐす7つの方法 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“顔凝り”で「老け顔」「不幸顔」が加速 表情をほぐす7つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#美容

「運」は「顔」に左右される面が大きい? (※写真はイメージ)

「運」は「顔」に左右される面が大きい? (※写真はイメージ)

結局、人は顔がすべて

竹内一郎著

978-4022736956

amazonamazon.co.jp

 今年も残りあとわずか。幸運に笑った人もいれば、不運に泣いた人もいるだろう。だがどうやらこの運、「顔」に左右される面が大きいらしい。「でも顔って変えられないじゃん」と思ったアナタに朗報! 整形ではなく、自力で、しかも簡単に、幸運顔に変えられる技があるという。“スーパー幸運顔”を持つ専門家に秘訣を教わった。

 歯科医師でデンタル美顔プロデューサーの是枝伸子さんは、良い笑顔のためには「顔の下半分」が鍵になると指摘する。是枝さん自身も、キュートな笑顔が印象的な色白美女。同性の私でさえぐっときたこの笑顔も、日々の美顔術の賜物だという。

「人は加齢とともに顔筋が弱くなり、鼻の下から顎までの距離が長くなってきます。これが老け顔につながるポイント。だからこそ、特に顔の下半分の筋肉をほぐして鍛えることが大事なのです」

 この「顔の下半分」理論、実はある一点を集中的にマッサージすれば、効率よく筋肉がほぐせるという。それが、口角の横でほうれい線の延長線上、えくぼのできる位置にある「モダイオラス」と呼ばれる部分だ。いわゆるツボとは少し意味合いが異なるが、顔の下半分の無数の筋肉が交わるポイントで、ここをほぐせば、そこに結びついている筋肉も一気にほぐれるという。

 具体的なほぐし方は、秘訣(1)、(2)のとおり。皮膚の表面だけでなく、表と裏から筋肉ごとしっかりとつかんで揺さぶることがポイントだ。

【秘訣(1)】
モダイオラスマッサージ…右手の親指を口に入れ、左頬内側からモダイオラスにあてる。人さし指を頬にあて、親指と人さし指でモダイオラスをはさみ、上下に揺らしながら30秒ほぐす。反対側も同様に。

【秘訣(2)】
咬筋マッサージ…口に入れた親指を頬骨があたるところまで上に動かし、親指と人さし指で頬をはさんで、上下に揺らしながら30秒もみほぐす。反対側も同様に。

「人は顔の左右で筋肉の付き方が異なり、その状態も人によって違います。だから定期的に触って、状態を確認することが大事。マッサージを続けると老廃物の流れが良くなり、顔のむくみ改善や小顔効果も抜群。唾液が多く分泌されるため、口臭予防にもつながります」

 強烈な表情力が印象的な「顔ヨガ」で知られる間々田佳子さんに会ったときは、まずそのオーラに圧倒された。抜群のプロポーションに、一度見たら忘れられないほどの目力、そしてくるくると変わる表情……。どこから見てもハッピーなオーラで満ち溢れている。そんな間々田さんも、実は顔ヨガを始める前は「幸薄顔」と呼ばれていたというから驚きだ。

「顔ヨガを始めた6年前の私は、38歳にして眉間に深いシワが刻まれ、ほうれい線もくっきり。でも顔ヨガを実践し始めて一転。まさに、人生が変わりました」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加