津田大介「プロパガンダが大手を振る時代こそ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「プロパガンダが大手を振る時代こそ」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#津田大介
米国次期政権の重要ポストに、ネットメディアの運営責任者が就くことの危険性を指摘(※写真はイメージ)

米国次期政権の重要ポストに、ネットメディアの運営責任者が就くことの危険性を指摘(※写真はイメージ)

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。米国次期政権の重要ポストに、選挙中トランプ陣営の広報機関のような役割を果たしたネットメディアの運営責任者が就くことの危険性を指摘する。

*  *  *
 トランプ次期・米大統領の政権移行チームの人事が話題を集めている。家族を軒並み採用したことも異例だが、それ以上に衝撃を与えたのは、首席戦略官と上級顧問に選対最高責任者を務めたスティーブン・バノン氏を抜擢(ばってき)したことだ。

 バノン氏は、投資銀行ゴールドマン・サックスや映画プロデューサーを経て、保守系ネットメディア「ブライトバート・ニュース」の編集主幹となり、同サイトを大きく成長させた立役者。選挙戦中、ブライトバートはトランプ陣営の広報機関のような役割を果たし、トランプ候補に否定的な共和党主流派を激しい言葉で糾弾した。トランプ当選という政治的な目的を達成するためには、デマを流すことも厭(いと)わず、女性嫌悪や人種差別を垂れ流す記事でもアクセスを伸ばしている。非常に問題の多いサイトなのだが、重要なのは、その運営責任者が幹部として新政権の中枢に入ることになったということだ。

 大統領選を巡っては、ネットを中心に様々なデマや陰謀論が飛び交った。中でも衝撃的だったのは、BuzzFeedによって明らかにされたマケドニアの10代の少年グループたちの動きだ。広告収入を得る目的で140以上ものデマニュースサイトを立ち上げ、極端で偏ったニュースを流していたことだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい