沢村一樹 いちばん苦しかったモデル時代「このラクな生活がいつまで…」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沢村一樹 いちばん苦しかったモデル時代「このラクな生活がいつまで…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
俳優沢村一樹(さわむら・いっき)/1967年、鹿児島県生まれ。「メンズクラブ」の専属モデルとして人気を集め、96年、「松田のドラマ」で俳優デビュー。以降、「浅見光彦シリーズ」(TBS系、2000~12年)をはじめ、ドラマや映画、バラエティー番組等に多数出演。連続ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系、毎週日曜22時30分~)に主演中。ABC創立65周年記念スペシャルドラマ「氷の轍」は11月5日(土)21時から放送予定(撮影/写真部・加藤夏子、スタイリング/鬼塚美代子[Ange]、衣装協力/Paul Stuart)

俳優沢村一樹(さわむら・いっき)/1967年、鹿児島県生まれ。「メンズクラブ」の専属モデルとして人気を集め、96年、「松田のドラマ」で俳優デビュー。以降、「浅見光彦シリーズ」(TBS系、2000~12年)をはじめ、ドラマや映画、バラエティー番組等に多数出演。連続ドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系、毎週日曜22時30分~)に主演中。ABC創立65周年記念スペシャルドラマ「氷の轍」は11月5日(土)21時から放送予定(撮影/写真部・加藤夏子、スタイリング/鬼塚美代子[Ange]、衣装協力/Paul Stuart)

沢村:どうなんだろう。以前芸人さんから、「僕らは2人から告白されるとすごくモテてたと言うけど、モデル連中は8人ぐらいから告白されないとモテたと言わない」って言われたんですけど。そのせいなのか、すごくモテたという意識はないですね。女の子と一緒に遊ぶよりも、男同士で集まってメンズトークをしてるのが好きなタイプなので。

林:そして心のなかでは「いつか俳優になりたい」と。

沢村:モデルの仕事で会社勤めの同級生の何倍ものお金が入ってくるようになったときが、いちばん苦しかったですね。やめどきが見つからないというか。「このラクな生活がいつまで続くんだろう」「やりたい仕事はこれじゃないのに、こんなにうまくいっていいのか」とか。早く役者になりたいという気持ちが、どんどん強くなってきました。

林:オーディションとか、受けてたんですか。

沢村:いや、ツテがまったくなかったんです。モデルと役者って、いまはどこかでつながっていますが、当時はぜんぜん違う世界だったんですよ。でも、現場に行くたびに「僕は役者になりたいんだ」と言うようにしてました。それで役者を探している人のアンテナに引っかかって、たまたま運よくこっちの世界に来ることができたんです。

林:最初からうまくできました?

沢村:いや、ぜんぜんです。僕が役者になりたてのころに出させてもらった人気ドラマがあって、これがまあよく再放送されるんですよ。いやでいやでしょうがないです(笑)。

週刊朝日 2016年11月11日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい