「もう遺骨はいらない」火葬場にまかせる“ゼロ葬”とは?

2016/09/27 07:00

 総額10万円台の「格安葬儀」が登場したかと思えば、お坊さんの読経もネットで注文できる時代となり、都心には遺骨の「高級マンション」とも言える納骨堂のビルが立つ。いずれ向き合う日が訪れる、弔う側、弔われる側のわれわれが納得できる逝き方とは。

あわせて読みたい

  • 火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    AERA

    1/30

    宗教学者・島田裕巳が語るお葬式 大往生で亡くなった人は葬儀でなくお祝いを

    宗教学者・島田裕巳が語るお葬式 大往生で亡くなった人は葬儀でなくお祝いを

    AERA

    8/2

  • “FP僧侶”が教える葬儀の極意 「心とコスパのバランスを」

    “FP僧侶”が教える葬儀の極意 「心とコスパのバランスを」

    週刊朝日

    1/28

    ブームの“粉骨” 値段は? やり方は? 海洋散骨は漁師の副業にも

    ブームの“粉骨” 値段は? やり方は? 海洋散骨は漁師の副業にも

    週刊朝日

    8/19

  • 高額な「離檀料」に支払い義務ある? 墓じまいの注意点

    高額な「離檀料」に支払い義務ある? 墓じまいの注意点

    週刊朝日

    3/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す