室井佑月 核を否定しない安倍首相に「あれってなんだったの」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月 核を否定しない安倍首相に「あれってなんだったの」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

オバマ大統領の広島訪問はなんだったのか?(※イメージ)

オバマ大統領の広島訪問はなんだったのか?(※イメージ)

 作家の室井佑月氏は、国際会議で核の法的禁止の報告書に賛同しない日本に憤りを訴える。

*  *  *
 8月20日付の朝日新聞デジタルによると、19日、スイスのジュネーブで国連核軍縮作業部会が開かれた。

「核兵器の法的禁止を協議する会議を2017年に開くよう国連総会に勧告することに、広範な支持が寄せられた」とする報告書を賛成多数で採択したらしい。記事によれば、〈国連総会の場で、核兵器禁止条約づくりに向けた議論が初めて本格化する〉と、画期的な出来事みたいだ。

 記事には、

〈報告書は、国連加盟国(193カ国)の半数超の約100カ国が支持、と記している〉

 と書かれていた。

 メキシコやオーストリア、中南米、アフリカや東南アジアなど68カ国が賛成したみたいだ。そのほか交渉入りには賛同している国を合わせて約100カ国と、半数超だった。

 作業部会の議論に、アメリカなどの核保有国は参加していないから、あまり意味は無い、なんて論調で書いている新聞もあったが、あたしはそういうことじゃないと思う。

 オバマさんは「核無き世界」を訴えていた。それなのに、議論にも参加しないというのは印象が悪すぎる。

 いくら強い国であっても、その国だけで存在できるわけじゃない。

 きっと、核兵器の法的禁止に賛同する国はますます増えていく(願望)。それが絶対の正義なのだし、今まで勇気がなくて手を挙げられなかった国も、手を挙げやすい状況になっていくような気がする(希望)。

 ……なのに、なんだよ、この国は?

 日本や韓国など米国の「核の傘」の下にある国々は「勧告に同意しなかった」と明記したという。つまり、議論の棄権だ。

 この国は原爆を落とされている国だからこそ、こういう場で堂々と発言すべきじゃないか。

「核の被害は恐ろしいものだ。人類に核はいらない」と。

 安倍さんがいっていた「積極的平和主義」という言葉の正しい使い方は、そういうことだと思うけどな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい