10代に韓流ブーム再び キーワードは「自撮り」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

10代に韓流ブーム再び キーワードは「自撮り」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
キーワードは「自撮り」?(※イメージ)

キーワードは「自撮り」?(※イメージ)

 ティーンに人気のタレント木下優樹菜(28)が8月1日、SNSに投稿して再生数300万回を超える話題の動画がある。夫のお笑い芸人、藤本敏史(45)と並んで撮影されているものだが、木下の顔が藤本そっくりに加工されている。「衝撃」「面白すぎる」などと大反響で、テレビでも紹介された。

 この動画投稿で使われたのが韓国発のカメラアプリ「SNOW」だ。顔の一部を動物などに変えられる機能が人気となり、昨年11月から2200万ダウンロードを記録。うち6割が10代の若者という。

 韓国発ブームはこれだけではない。自撮り用のスマホ専用レンズ「セルカレンズ」、韓国の美少女風に化粧する「オルチャンメイク」、お菓子の袋をつなぎ合わせてリュック型にした「おかしリュック」など、ティーンのヒットにはやたらと韓国発祥モノが目立つ。韓流は〝嫌韓〟の波にのまれたかと思いきや、いつの間に再燃したのか。

 博報堂若者研究所の原田曜平さんは、「日本のみならず、アジア全体が韓流化しています」と指摘する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい