松田公太が政界引退  新代表にアントニオ猪木 元気展望見えず

 通常国会は年明けから閣僚や若手議員の不祥事が相次ぎ、自公が担いだ舛添要一東京都知事のスキャンダルの誘爆で幕を閉じた。「国会通信簿」でおなじみの東大教授(社会経済学)の松原隆一郎氏と青山学院大特任教授(政治学)の御厨貴氏に、安倍官邸と各政党を鋭く採点してもらった。

*  *  *
松原:恒例の官邸と各政党の評価にいきましょうか。まずは安倍官邸からです。

御厨:宮崎氏に辞職を促すなど仕事をしましたが、かつてのように官邸に持ち込めば大丈夫という感じがなくなっているので、前回より一つ下げてB評価。官邸も疲労感が出てきて、疲労骨折しないよう気をつけているような状況ですね。

松原:甘利前経財相に始まり、スキャンダルや失言が相次ぎました。昔なら、官邸が締め上げたはずですが、こんなところに「疲れているのかな」と感じる。

御厨:次は自民党です。敵失でしかありませんが、相対で上昇してB評価です。

松原:本当はC評価をつけたいところですが、周囲が転んでいるのでBでしょう。安倍首相は、消費増税を見送るという“新しい判断”をしましたが、その信を参院選で問うというのは、変な話。野党は、なぜ解散しないのかを追及すべきでしたが、他党は選挙をしたら負けてしまうから、衆院解散と言えない。他党を黙らせる一つの心理作戦だと思います。

御厨:続いて公明党。安保法のときは頑張りましたが、今回は出し抜かれてしまい、何もないのでC評価です。衆院選の公約だった軽減税率も、消費増税見送りで吹っ飛んでしまった。公明党は参院選で訴えることがないですね。

松原:自民党は大企業や富裕層中心ですが、私たちの補完のおかげで低所得層に軽減税率が導入できたとアピールしていたのに。創価学会が唱える現世利益がなくて、来世利益しかない(笑)。

御厨:結果的に、公明党がいちばん損をしているかもしれません。

松原:続いて民進党です。特に良い発言もなく、赤字国債を発行して、社会保障の財源に充てるという主張は、極めて“斬新”でした。建設国債であればモノが残りますが、これでは何も残らない。新党になってもE評価です。では、共産党はどうでしょうか。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック