小林麻央「乳がん告白」 大塚愛「また会えますように」とエール (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林麻央「乳がん告白」 大塚愛「また会えますように」とエール

このエントリーをはてなブックマークに追加
たくさんのエールが…(※イメージ)

たくさんのエールが…(※イメージ)

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)が妻・小林麻央(33)が乳がんを患っていることを発表した。記者会見では1年8カ月という長期間の闘病とその深刻な病状が明らかに。

 海老蔵は「病気が治るまで全面的に支えます」と宣言。これまでも苦難を乗り越えてきた二人だが、

「幼い2人の子供に、所作や礼儀作法を海老蔵さんのお母様が教え、妹のぼたんさんや、麻耶さんまで手伝いに来ている。一家総出で、支え合おうとしているのです」(歌舞伎関係者)

 母親が乳がんであることをどう子供に伝えればいいか。湘南記念病院かまくら乳がんセンター長の土井卓子医師はこうアドバイスする。

「お子さんの年齢によりますが、治療の間も、母親と一緒にいる時間をできるだけ作ってあげてほしい。病気のことを隠さずがんばって治療に臨む姿を見せることで、子供なりの理解ができていくと思います」

 海老蔵夫妻には多くの人たちからのエールが届いている。親友中村獅童さんは報道陣に対し、「何も気づいてあげられなかった」と後悔をにじませながら、

「仲間ですから。何かできることがあれば全面的に協力したい」

 ツイッター上でも激励コメントがツイートされている。映画で麻央と共演経験がある歌手大塚愛さんは、<あんなに純粋で、優しい彼女に降りかかったこと 乗り越えて、また会えますように>。同じ乳がんの治療経験をもつ南果歩さんは<お二人の姿に私達は今一度、命を考える時間を頂いています>。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい