EDの原因、30~40代の15%が重症化 歯周病に潜む3つの恐怖 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

EDの原因、30~40代の15%が重症化 歯周病に潜む3つの恐怖

このエントリーをはてなブックマークに追加
「歯周病」に関する3つの新事実!(※イメージ)

「歯周病」に関する3つの新事実!(※イメージ)

日本人はこうして歯を失っていく

日本歯周病学会著/日本臨床歯周病学会著

978-4023315075

amazonamazon.co.jp

 気づかないうちに症状が進行する歯周病。書籍『日本人はこうして歯を失っていく』(朝日新聞出版)から、日本人が歯を失う原因1位「歯周病」に関する3つの新事実について抜粋して紹介する。

【その1】ED(勃起不全)の人には歯周病が多いという報告がある

 EDと歯周病の関連が注目されている。2012年に「米国泌尿器科学会年次集会」で発表された報告を紹介しよう。

 台北医学大学の研究チームが「EDの男性3万3千人」と「EDではない男性16万2千人」を対象に5年に及ぶ追跡研究をおこなったところ、ED群に占める慢性歯周炎(歯周病が重症化した状態)の人の割合は27%、EDでない群は9%と大きな差があることがわかった。また、トルコでおこなわれた研究でも、ED患者(30~40歳80人)の53%がかなり進行した慢性歯周炎だったが、EDではない人(同82人)では23%で、明らかに少なかったという結果が出ている。

 陰茎に血液がスムーズに流れないと、勃起できなくなる。こうした血行障害を起こす原因にはストレスなどさまざまなものがあるが、血管内皮細胞の機能が低下するとEDになりやすいことがわかっている。歯周病は言ってみれば、ずっと炎症が続いている状態なので、血液を通して血管内皮細胞を傷つけている可能性があるのだ。

【その2】バージャー病の患者は全員、中等度以上の歯周病だった!

 バージャー病は、たばこを吸う20代から40代の男性に多い難病で、閉塞性血栓血管炎とも呼ばれる。日本には約1万人の患者がいるとされている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい