田原総一朗「オバマ大統領が広島で語らなかった『不都合な現実』」

ギロン堂

田原総一朗

2016/06/08 07:00

 現職の米大統領として初めて広島訪問したことで大きな話題となったオバマ氏。しかし、核についての言及が少なかったことも指摘されている。ジャーナリストの田原総一朗氏がその理由をこう説明する。

あわせて読みたい

  • オバマ広島訪問は55点? 元朝日新聞編集委員「期待外れだった」

    オバマ広島訪問は55点? 元朝日新聞編集委員「期待外れだった」

    週刊朝日

    6/2

    オバマ氏広島訪問 歓迎の一方で「日本は米国に謝罪求めるべき」の声も

    オバマ氏広島訪問 歓迎の一方で「日本は米国に謝罪求めるべき」の声も

    AERA

    5/27

  • 田原総一朗「キッシンジャーも沈黙した米国の『原爆タブー』を破れるか」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「キッシンジャーも沈黙した米国の『原爆タブー』を破れるか」

    週刊朝日

    5/23

    この8年間でオバマ政権は何をして、何ができなかったのか?

    この8年間でオバマ政権は何をして、何ができなかったのか?

    dot.

    2/11

  • 室井佑月 核を否定しない安倍首相に「あれってなんだったの」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月 核を否定しない安倍首相に「あれってなんだったの」

    週刊朝日

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す