津田大介「GPS情報捜査の危険性」

ウェブの見方 紙の味方

津田大介

2016/05/27 07:00

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる、ジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。最近の犯罪捜査の方法について言及する。

あわせて読みたい

  • 警察が「令状なし」で捜査対象者にGPS…監視社会の“危うさ”

    警察が「令状なし」で捜査対象者にGPS…監視社会の“危うさ”

    AERA

    12/5

    警察のGPS捜査は「重大な違法」と裁判所が断罪した本当の理由

    警察のGPS捜査は「重大な違法」と裁判所が断罪した本当の理由

    週刊朝日

    4/3

  • 日本は“超監視社会”に? SNSの発言で危険人物扱いも

    日本は“超監視社会”に? SNSの発言で危険人物扱いも

    週刊朝日

    6/10

    「京アニ放火殺人」息のむ現場、事件の声拾う捜査員

    「京アニ放火殺人」息のむ現場、事件の声拾う捜査員

    週刊朝日

    7/31

  • 「接触確認アプリ」はプライバシー最優先 追跡よりも「国民の行動変容」に意義

    「接触確認アプリ」はプライバシー最優先 追跡よりも「国民の行動変容」に意義

    AERA

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す