高速増殖炉「もんじゅ」 熊本地震後も再稼働前提に議論が進んでいた

原発

2016/05/12 07:00

 トラブル続きで昨年11月に原子力規制委員会から運営主体の変更を迫られた高速増殖原型炉「もんじゅ」。その期限まであと1カ月を切った。1兆円を超える血税をつぎ込みながら6年前から運転停止に、廃炉を迫る声も強い。だが、熊本で大地震があったにもかかわらず、存続が濃厚だという。

あわせて読みたい

  • 徹底検証「原子力行政の闇」官邸主導のもんじゅ廃炉の裏

    徹底検証「原子力行政の闇」官邸主導のもんじゅ廃炉の裏

    週刊朝日

    11/11

    これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    dot.

    12/1

  • 田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」

    週刊朝日

    12/7

    田原総一朗「もんじゅ廃炉でも核燃料サイクルと決別できない日本」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「もんじゅ廃炉でも核燃料サイクルと決別できない日本」

    週刊朝日

    9/29

  • 文科省天下り問題は慶応に でも旧科技庁の再就職先の方が罪深い

    文科省天下り問題は慶応に でも旧科技庁の再就職先の方が罪深い

    週刊朝日

    2/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す