まだまだ終わらない震災連鎖 地震研究の専門家が教える危険地帯

地震

2016/04/20 07:00

 火の国熊本、そして九州全土に繰り返し牙をむく熊本地震。列島直下が震源となる「活断層型」のため、震度が6~7と揺れが激しく、各地で甚大な被害を出している。東京大学地震研究所の古村孝志教授(地震学)は、今回の連鎖地震についてこう解説する。

あわせて読みたい

  • 海上保安庁が初めて実測した南海トラフの「ひずみ」 今後の地震研究に期待?

    海上保安庁が初めて実測した南海トラフの「ひずみ」 今後の地震研究に期待?

    dot.

    7/5

    やはり南海トラフ地震の前触れ? 日本の地震予測が当たらないワケ

    やはり南海トラフ地震の前触れ? 日本の地震予測が当たらないワケ

    週刊朝日

    6/27

  • 「大地震起こらない」が常識だった九州でなぜ起こった? 九州・熊本大地震

    「大地震起こらない」が常識だった九州でなぜ起こった? 九州・熊本大地震

    AERA

    4/29

    新潟・山形地震の震源一帯、過去にM7級4度も…恐るべきその正体

    新潟・山形地震の震源一帯、過去にM7級4度も…恐るべきその正体

    AERA

    6/25

  • 熊本地震も的中! 30年以内に大地震「危ない活断層トップ30」

    熊本地震も的中! 30年以内に大地震「危ない活断層トップ30」

    AERA

    6/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す