「いきなり白髪になって」と細野豪志が同情される…その真相は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「いきなり白髪になって」と細野豪志が同情される…その真相は?

週刊朝日
衆議院議員細野豪志ほその・ごうし/1971年、京都府生まれ。95年、京都大学法学部卒業。99年、三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)を退社、政治家を目指す。民主党の公募に合格し、2000年の衆議院選挙に出馬、初当選。現在6期目。民主党政権時代には、原子力発電所事故収束・再発防止担当大臣、内閣府特命担当大臣(原子力行政)、環境大臣などを務めたほか、民主党政策調査会長、民主党幹事長を歴任。民進党所属(撮影/植田真紗美)

衆議院議員
細野豪志
ほその・ごうし/1971年、京都府生まれ。95年、京都大学法学部卒業。99年、三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)を退社、政治家を目指す。民主党の公募に合格し、2000年の衆議院選挙に出馬、初当選。現在6期目。民主党政権時代には、原子力発電所事故収束・再発防止担当大臣、内閣府特命担当大臣(原子力行政)、環境大臣などを務めたほか、民主党政策調査会長、民主党幹事長を歴任。民進党所属(撮影/植田真紗美)

 民進党の政調会長に抜擢された山尾議員にガソリン代の不正請求問題が発覚し、前途多難な民進党。民主党の政調会長から民進党では無役になった細野豪志議員は、作家・林真理子さんとの対談で被災地への思いを語った。

*  *  * 
林:私、民主党が政権から落ちた直後に細野さんが書かれた本(『未来への責任』)を読ませていただきましたが、福島の問題にすごく一生懸命取り組まれたんですね。どうしてそれが世間に伝わってないんですか。

細野:そりゃ、目の前であれだけのことがあったら、担当者は一生懸命やりますよ。被災地のがれき処理は、私がものすごくエネルギーを投じたことの一つです。ただ、報道はできたことではなく、できないことを伝えますから。

林:今もずっと被災地に通っていらっしゃるんでしょう?

細野:それはやってます。

林:そういうことも、もっと伝えてほしいですよね。

細野:まあ、いいんですよ。因果は回るというか、一生懸命やっていれば、どこかでつながると思ってるので。政治家もたまには陰徳を積んだほうがいいんですよね。

林:そんなのんきなことを言ってる時間はないですよ。陰徳って10年20年かかるじゃないですか。選挙は7月ですから。

細野:でも、私は追い込まれたり迷ったりしたときこそ、「これだ」と思うことをやり続けるんです。するとおもしろいことに、また運が回ってきたり、縁が結ばれたりする。20代30代は政権をとるためにすべて犠牲にして、政治以外には時間を使わないと思ってやってきたんですが、もともと私、オペラが好きで……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい