AERA dot. 5th anniversary

袴姿に萌える!「ちはやふる」で話題騒然“かるた撫子”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

石谷あさひ(19)一枚の札のみをはじく「クリーンなかるた」が持ち味だ(撮影/写真部・加藤夏子)

石谷あさひ(19)
一枚の札のみをはじく「クリーンなかるた」が持ち味だ
(撮影/写真部・加藤夏子)

坪田 翼(33)家族で掴んだ史上初“ママさん”クイーン(撮影/写真部・加藤夏子)

坪田 翼(33)
家族で掴んだ史上初“ママさん”クイーン
(撮影/写真部・加藤夏子)

本多恭子(24)姉妹で挑むかるたクイーン。左が姉の見佳さん(26)。右が恭子さん(撮影/写真部・加藤夏子)

本多恭子(24)
姉妹で挑むかるたクイーン。左が姉の見佳さん(26)。右が恭子さん
(撮影/写真部・加藤夏子)

 バン――。上の句の一音が読まれた瞬間、畳上に並べられた札が豪快にはじき飛ばされる。

 百人一首の札を取り合う競技かるたは、瞬発力や記憶力、体力を要し、その激しさから「畳の上の格闘技」とも言われる。

 マンガ「ちはやふる」の人気に加え、ブームを牽引するのは、女性の競技者だ。袴姿で熱戦を繰り広げる、女流最高峰の「クイーン戦」は動画サイトの「ニコニコ生放送」で放送されるなど高い注目を集める。

 華やかさに加え、実力も折り紙つきだ。

「中堅が着実に強さを発揮し、刺激を受けた若手から実力のある選手も台頭しています」とクイーン戦大会役員は言う。

 強く美しい、かるた撫子からますます目が離せない。

◇石谷あさひ(19)

 小学5年で競技かるたを始めた。めきめきと実力を伸ばし、中学3年で最高階級のA級を取得、高校ではかるた部をつくるほどのめり込んだ。昨年、法政大学に入学。理系の学部で研究に励みながら、かるた部で腕を磨き、今年のクイーン位挑戦者の東日本代表にも選ばれた。19歳の誕生日プレゼントには練習用の畳をリクエストするほど、かるた一筋の生活を送る。「実力をつけて、いつかはクイーンになりたいですね」

◇坪田 翼(33)

 3度目の挑戦、これが最後と決めた昨年のクイーン戦で女王の座を初めて射止めた。その時妊娠4カ月、身重で挑んだことも話題を集めた。出産や子育てで一時かるたから離れたが、昨年9月から復帰。競技者でもある夫の裕史さん(33)は仕事の傍ら、練習相手になったり、育児を担ったり。献身的なサポートで妻の初防衛戦を支えた。「家族で掴んだ勝利、娘が分かるようになるまでクイーンの座を守りたいですね」

◇本多恭子(24)

 両親の影響で6歳から競技かるたを始めた。小学1年で全国大会に出場し3位に入賞、2歳上の姉の未佳さん(26)と同じく、全国屈指の強さを誇る立命館大学のかるたサークルに所属し、強豪校で腕に磨きをかけた。1月、挑戦者としてクイーン戦に4年ぶり、2度目の出場を果たした。社会人で挑んだ今大会、仕事以外の全てをかるたに注いだが、あと一歩届かず、悔し涙を流した。「最後はクイーンに」。姉妹でひとつの夢を追いかける。

週刊朝日 2016年3月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加