手厚い介護よりも目先の収益に 介護業界に劣化のひずみ

介護を考える

2016/02/25 07:00

 2014年11月から12月、川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で高齢者3人が相次いで転落死した事件。このうち丑沢(うしざわ)民雄さん(当時87)を殺害した容疑で2月15日に神奈川県警に逮捕されたのは、元職員の今井隼人容疑者(23)だった。残り2人についても殺害を認める供述をしている。そこには介護業界にはびこる闇が浮かび上がってきた。

あわせて読みたい

  • 川崎老人ホーム転落事件 “死の天使”が生まれる介護環境

    川崎老人ホーム転落事件 “死の天使”が生まれる介護環境

    週刊朝日

    2/24

    極度な見えっぱり 老人ホーム転落事件の容疑者を精神科医が分析

    極度な見えっぱり 老人ホーム転落事件の容疑者を精神科医が分析

    週刊朝日

    2/24

  • 捜査員も驚いた 老人ホーム転落事件容疑者逮捕までの展開

    捜査員も驚いた 老人ホーム転落事件容疑者逮捕までの展開

    週刊朝日

    2/24

    専門家が教える「いい高齢者ホーム」の見分け方 大切なのは職員も“人間”という視点

    専門家が教える「いい高齢者ホーム」の見分け方 大切なのは職員も“人間”という視点

    週刊朝日

    8/17

  • 老人ホーム転落事件の容疑者と木嶋佳苗被告に共通点? 香山リカの見解

    老人ホーム転落事件の容疑者と木嶋佳苗被告に共通点? 香山リカの見解

    週刊朝日

    2/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す