兵庫県警が“隠ぺい”3人連続自殺の闇 いじめに抗議した遺書を独占入手

2016/01/18 07:00

 昨秋、兵庫県警の警察官3人が相次いで自殺した問題で、本誌は昨年11月20日号で、自殺した一人、山本翔さん(当時23)の母親が「上司のいじめがあった」と訴えた独白を掲載した。しかし、県警は「延べ234人の聴き取り調査の結果、いじめやパワーハラスメントはなかった」との調査結果を昨年末、まとめた。

あわせて読みたい

  • 兵庫県警警察官3連続自殺の怪 母親が涙の告発「息子はパワハラで殺された」

    兵庫県警警察官3連続自殺の怪 母親が涙の告発「息子はパワハラで殺された」

    週刊朝日

    11/11

    「警察一家」の息子が拳銃で自殺 両親が「愛知県警内のパワハラが原因」と提訴

    「警察一家」の息子が拳銃で自殺 両親が「愛知県警内のパワハラが原因」と提訴

    週刊朝日

    10/31

  • 子どものいじめ自殺「ゼロ」の欺瞞

    子どものいじめ自殺「ゼロ」の欺瞞

    週刊朝日

    5/17

    いじめ自殺「悪いのは自分と一部の人」少年が残した言葉

    いじめ自殺「悪いのは自分と一部の人」少年が残した言葉

    AERA

    7/23

  • 自殺した近畿財務局職員は「混合性抑うつ不安反応」 森友担当で100時間残業も

    自殺した近畿財務局職員は「混合性抑うつ不安反応」 森友担当で100時間残業も

    週刊朝日

    3/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す