まかな、あねら、おはな…芸能人“ハワイ語”で命名ブームの謎 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まかな、あねら、おはな…芸能人“ハワイ語”で命名ブームの謎

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ハワイ語での「命名」が流行している?(※イメージ)

ハワイ語での「命名」が流行している?(※イメージ)

 ハワイ語での「命名」が流行しているらしい。

 タレントの木下優樹菜が11月初旬に女児を出産後、インターネット上で「茉叶菜(まかな)」と名づけたことを発表した。

「ハワイ語で『大切な贈り物』という意味。ハワイで知り合った友達から偶然ヒントをもらって……画数、総画を出して、やっとこれに決まったの」

 元ダンサーで、浜崎あゆみの“元カレ”としても知られる内山麿我(まろか)は10月、第1子となる女児をハワイ語で「天使」を意味する「愛音來(あねら)」と命名。タレントのはしのえみも10月に出産した女児に、ハワイ語で「家族」や「心の絆」という意味を持つ「おはな」と名づけた。

 ハワイ語は言語学上はポリネシア語派に属す。8世紀以降、タヒチなどから移住したポリネシア人によってハワイ全域で話されるようになった。1898年に米国に併合されて学校教育での使用を禁じられ、廃れてしまった。そうした歴史を持つ言葉がなぜ今、日本の子どもの名前に?

 リクルートマーケティングパートナーズによると、2010年以降、ハワイで挙式するブームが顕著になった。現在、海外挙式の場所としてハワイを選ぶカップルは67%にのぼり、「圧倒的人気」という。

「ハワイは遊べるスポットが豊富で、参列者が結婚式以外の時間も楽しめる。日本語が通じやすく、安全なイメージも人気が高い理由では」(同社)

 挙式ブームが命名ブームにつながった可能性はある。そう指摘するのは、ある育児雑誌の編集長だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい