「八代亜紀になってから貧乏に(笑)」デビュー45年目で本人語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「八代亜紀になってから貧乏に(笑)」デビュー45年目で本人語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
歌手八代亜紀やしろ・あき/1950年、熊本県生まれ。71年デビュー。73年に出世作「なみだ恋」を発売。「愛の終着駅」「もう一度逢いたい」「舟唄」など数々のヒット曲を出し、80年には「雨の慕情」で第22回日本レコード大賞を受賞する。2010年、文化庁長官表彰。12年、ジャズアルバム「夜のアルバム」を発売。世界75カ国で配信される。アルバム「哀歌─aiuta─」は日本コロムビアから発売中(撮影/写真部・東川哲也)

歌手
八代亜紀

やしろ・あき/1950年、熊本県生まれ。71年デビュー。73年に出世作「なみだ恋」を発売。「愛の終着駅」「もう一度逢いたい」「舟唄」など数々のヒット曲を出し、80年には「雨の慕情」で第22回日本レコード大賞を受賞する。2010年、文化庁長官表彰。12年、ジャズアルバム「夜のアルバム」を発売。世界75カ国で配信される。アルバム「哀歌─aiuta─」は日本コロムビアから発売中(撮影/写真部・東川哲也)

 今年デビュー45年目を迎えた、言わずと知れた“演歌の女王”八代亜紀さん。作家・林真理子さんとの対談で、デビュー前後について語った。

*  *  * 
林:昔、銀座のクラブで歌ってらしたころ、クラブのお姉さんが八代さんの歌を聴いて泣いたそうですね。

八代:泣いてましたね、みんな。私はそれで「そうか、これが心が伝わる歌い方だ」と知ったんです。

林:悲しいお姉さんたちを、いっぱい見てきたんですね。

八代:給料日になると、お店の裏口にお姉さんの彼氏やお父さんが立っていて、お姉さんたちが給料袋を渡してるんです。あれが女心なんだと思いましたね。

林:切ないですね。でも八代さんご自身は、「悲しい恋なんか一度もしたことがない」とおっしゃってますね。

八代:楽しい恋しかないです。

林:フラれたこともない?

八代:ないの。でもそれを言うと、みんな「気づいてないだけかもしれない」って言うんです。ひどいでしょ(笑)。

林:うらやましい。なのにどうして、あんなに悲しい歌が歌えるんですか。

八代:あれは私自身じゃないの。どの歌も私の体験じゃなくて、代弁してるんです。それは銀座で会得しました。

林:そのころ、まだ10代ですか。

八代:18歳とか19歳とかですね。15歳で親の反対を押し切って上京して、最初は新宿の美人喫茶で歌って。それから2年くらいして銀座の高級クラブの専属シンガーになったんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい