松坂慶子 公演チケット売り忘れ、直接新聞社に電話した過去 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松坂慶子 公演チケット売り忘れ、直接新聞社に電話した過去

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
俳優松坂慶子まつざか・けいこ/1952年、東京都出身。70年に映画デビュー。「青春の門」「男はつらいよ 浪速の恋の寅次郎」(81年)、「道頓堀川」「蒲田行進曲」(82年)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を連続受賞。90年、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した「死の棘」では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか各賞を総なめに。79年、主演ドラマの主題歌「愛の水中花」を歌い大ヒット。2009年、紫綬褒章受章。映画「ベトナムの風に吹かれて」は全国公開中(撮影/写真部・岡田晃奈、スタイリング/松田綾子[オフィス・ドゥーエ]、ヘアメイク/山科美佳[マービィ]、衣装協力/Perlagione[イヤリング]・GINZA TANAKA[リング])

俳優
松坂慶子

まつざか・けいこ/1952年、東京都出身。70年に映画デビュー。「青春の門」「男はつらいよ 浪速の恋の寅次郎」(81年)、「道頓堀川」「蒲田行進曲」(82年)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を連続受賞。90年、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した「死の棘」では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか各賞を総なめに。79年、主演ドラマの主題歌「愛の水中花」を歌い大ヒット。2009年、紫綬褒章受章。映画「ベトナムの風に吹かれて」は全国公開中(撮影/写真部・岡田晃奈、スタイリング/松田綾子[オフィス・ドゥーエ]、ヘアメイク/山科美佳[マービィ]、衣装協力/Perlagione[イヤリング]・GINZA TANAKA[リング])

松坂:私ね、15年前にサントリーホールで初めて朗読劇「天守物語」をやったときに、誰もやってくれないから、仕方なくプロデューサーをやったんです。高嶋政伸さん、松金よね子さん、小椋佳さんが出てくださって。それで公演の2週間くらい前に「切符何枚売れた?」って聞いたら、20枚しか売れてないって。

林:えっ!

松坂:売るの忘れてたんです。どうしようって泣きべそかいてたら、松金さんに「新聞社に記事を書いてもらうしかないわよ。電話しなさい」って言われて電話して……。

林:自ら? 直接? 「松坂慶子です」って?

松坂:「松坂慶子と申します。実は今度朗読劇をやるんですけど、お話聞いていただけますか」「聞くだけでいいんですか」「聞くだけじゃ困るんです。記事を書いてもらいたいんです。2週間後なんですけど、切符売るの忘れてて……」って書いてもらって、何とか満席になりました。

林:松坂さんから電話があったら、みんなすぐ駆けつけちゃいますよ。収支決算もうまくいったんですか?

松坂:それはダメでしたけど、お席が埋まったので、一緒に出てくださった方にはよかったなぁと思って。

林:それからはずっと満席?

松坂:そのあとは専門家の方がしてくださるようになったので、満席でもそうじゃなくても、私のせいじゃなくなりました(笑)。

週刊朝日 2015年11月13日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい