カトリーヌあやこ SMAPらに「普通におっちゃんてところがすごい」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カトリーヌあやこ SMAPらに「普通におっちゃんてところがすごい」

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
普通に休日のおっちゃん?(※イメージ)

普通に休日のおっちゃん?(※イメージ)

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、「テレ朝SMAPバラエティ部スマシプ!全然ゆるくないバスの旅 秋の3時間SP」(9月22日19:00~)を観て、高齢化するアイドルがいまだアイドルとしていられる理由を分析する。

*  *  *
 SMAP(スマップ)ではなく、スマシプ。木村拓哉と稲垣吾郎を抜いた3人で、自称バラエティ班。「笑っていいとも!」のレギュラーだった中居、草なぎ、香取のユニット名なのだ。その3人の旅番組が放送されたのはシルバーウィーク。なんなのこの特番、アイドルの高齢化問題について、考えろってことなの?

 気づけば、最年少の香取を除いた全員が40代のSMAP。水着でプールに立つ姿も、エステでベッドに横たわる姿も、東京ドームで巨人の原監督に遭遇し、「風呂上がりの匂いがした~!」(中居)とはしゃぐ姿も、普通に休日のおっちゃんである。でも、その「普通におっちゃん」てところがすごいと思う。なんせSMAP以前のアイドルは、青春のひとときをキラキラときらめきながら駆け抜けていくものだったから。いつしかファンは卒業し、アイドル自身もその立ち位置からフェードアウトしていく、それがアイドル。

 しかしSMAPはそこを動かずに、「普通におっちゃん」として立ち位置をキープし続けている。アイドルとして最初に「チーム戦術」を持ち込んだグループと言える。以前、TOKIOの城島茂、V6の坂本昌行とのトークで、中居が語っていたリーダー論。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい