わずかに残る長崎の“被爆遺構” 今なお原爆の惨禍伝える

戦後70年

2015/08/09 10:00

 原爆投下から70年を迎える長崎。あの日、全てが破壊され、街の様相は一変した。だが、被爆遺構は今も、原爆の惨禍を伝えている。

あわせて読みたい

  • VRやプロジェクションマッピングで被爆体験を後世へ

    VRやプロジェクションマッピングで被爆体験を後世へ

    AERA

    8/15

    「軍服を洗うと水槽から血が…」 広島市の「被服支廠」での生々しい記憶、当時の近隣住民が語る

    「軍服を洗うと水槽から血が…」 広島市の「被服支廠」での生々しい記憶、当時の近隣住民が語る

    AERA

    8/6

  • 武器弾薬を補給し、ここから戦地へ…広島市で“軍事都市”としての顔がみえる遺構発見 市民が保存に動き出す

    武器弾薬を補給し、ここから戦地へ…広島市で“軍事都市”としての顔がみえる遺構発見 市民が保存に動き出す

    AERA

    8/5

    折鶴にいのち吹き込む原爆忌―句と歌からあらためて平和を願う夏

    折鶴にいのち吹き込む原爆忌―句と歌からあらためて平和を願う夏

    tenki.jp

    8/6

  • 今日8月9日は長崎原爆忌。平和への祈りをこめて

    今日8月9日は長崎原爆忌。平和への祈りをこめて

    tenki.jp

    8/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す