「予備校の授業を取りすぎると必ず失敗」東大理IIIに息子3人合格させた母

大学入試

2015/08/07 16:00

 受験生にとって、夏は予備校や塾など忙しい時期。しかし、その使い方は重要。ただひたすら通えばいいだけではない。息子3人を難関私立の灘中・高校から東大理IIIへ進学させ、『受験は母親が9割』(朝日新聞出版)を出版した佐藤亮子さんが、予備校や塾の活用法を伝授する。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す