昭和天皇も「参加」した防空壕工事

戦後70年

2015/08/06 11:30

 宮内庁は1日、「玉音放送」の原盤とともに、天皇がポツダム宣言受諾を決断した「御文庫(おぶんこ)付属室」の画像を初めて公表した。城郭研究家の藤井尚夫氏によれば、その地下防空壕(ぼうくうごう)の工事には昭和天皇も参加したという。藤井氏に聞いた。

あわせて読みたい

  • 戦後70年で公開! 昭和天皇が自らの玉音放送を聴いた場所

    戦後70年で公開! 昭和天皇が自らの玉音放送を聴いた場所

    週刊朝日

    8/5

    昭和天皇の防空壕

    昭和天皇の防空壕

    8/5

  • 『昭和天皇実録』から読み解く 7月には伝わっていた天皇の終戦意図

    『昭和天皇実録』から読み解く 7月には伝わっていた天皇の終戦意図

    週刊朝日

    10/6

    昭和天皇が大好きなゴルフをやめたのは「敗戦」がきっかけ?

    昭和天皇が大好きなゴルフをやめたのは「敗戦」がきっかけ?

    週刊朝日

    11/12

  • 玉音放送、防空壕公開“戦後70年”宮内庁の意図は?

    玉音放送、防空壕公開“戦後70年”宮内庁の意図は?

    週刊朝日

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す