日本女性のようなワイン「ルバイヤート甲州シュール・リー」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本女性のようなワイン「ルバイヤート甲州シュール・リー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸藤葡萄酒 ルバイヤート甲州シュール・リー 2013Amazonで購入する

丸藤葡萄酒 ルバイヤート甲州シュール・リー 2013
Amazonで購入する

 山梨県の勝沼地方で作られる甲州ブドウは、日本固有の品種だ。由来は、コーカサス地方原産のブドウ。シルクロードを経て、奈良から平安時代の間に日本へ伝わったと言われる。日本最初のワインも、このブドウを使って造られた。

 丸藤葡萄酒工業の代表取締役社長の大村春夫さんは、日本のワイン発祥の地である勝沼で40年以上も、甲州ワインを造る。

「気候が適したのか、甲府盆地で千年近く育った、ただ一つのブドウです。秋になると熟した実が淡い藤色に染まる」

 たたずまいのとおり、味わいも優しい。もう少し厚みやうまみを出そうと大村さんが選んだのが、シュール・リーという醸造法だ。フランス語で「澱の上」を意味する。澱と一緒に数カ月間おくことで、澱が分解した成分がワインに溶け込み、味わいは深く複雑になる。そうしてできたのが、「ルバイヤート甲州シュール・リー」だ。

 楚々としながらも芯は強い。そんな日本女性のようなワインを目指したという。

(監修・文/鹿取みゆき)

週刊朝日 2015年6月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい