鳥越俊太郎が「がん発覚は絶好の機会」という理由

がん

2015/05/22 07:00

 ある日突然がんを宣告されたときより、もっとつらいといわれる「再発」の告知。死の恐怖を突きつけられながらも“ここからが本当の闘病の始まり”と、力強く歩み始める人たちがいる。ジャーナリストの鳥越俊太郎さん(75)もその一人だ。

あわせて読みたい

  • AI(人工知能)を活用した内視鏡検査でがん発見率98%に!

    AI(人工知能)を活用した内視鏡検査でがん発見率98%に!

    週刊朝日

    5/19

    【大腸がん内視鏡治療】その手術、本当に必要? 医師とよく確認を

    【大腸がん内視鏡治療】その手術、本当に必要? 医師とよく確認を

    dot.

    4/5

  • 「鉄人」衣笠祥雄さんを襲った大腸がん 機器の進化で「約10分」で終わる最新の検査も

    「鉄人」衣笠祥雄さんを襲った大腸がん 機器の進化で「約10分」で終わる最新の検査も

    週刊朝日

    4/24

    現役医師500人調査 今すぐ受けたいがん検診、トップは?

    現役医師500人調査 今すぐ受けたいがん検診、トップは?

    週刊朝日

    8/29

  • 手術なしで食道がんが治る? 内視鏡で治療可能なケース

    手術なしで食道がんが治る? 内視鏡で治療可能なケース

    週刊朝日

    3/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す