特定看護師に「実情に合わない」の声 在宅医療どうなる?

介護を考える

2015/04/28 07:00

 超高齢化社会に向け、高まる在宅医療のニーズに応えるべく、看護師が「手順書」をもとに一定の診療の補助ができる「特定行為」と研修制度が新設される。国は2025年までに看護のスペシャリスト10万人を育成する計画だが、「実情に合わない」など、現役の看護師からは疑問の声もあがっている。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す