硫酸ぶっかけ男の転落 エリート一家の父親直撃 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

硫酸ぶっかけ男の転落 エリート一家の父親直撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
※イメージ写真

※イメージ写真

 群馬県高崎市の女性たちを震え上がらせた“硫酸ぶっかけ男”の素顔は意外なものだった。4月2日、高崎市矢中町の商業施設で女性が硫酸をかけられ、足にけがをした事件が発生。7日、県警は傷害と器物損壊の疑いで北村宣晃(のりあき)容疑者(30)を逮捕した。2日から6日にかけて高崎市内では他にも4人の女性が同種の事件の被害に遭っており、すべて北村容疑者が関与しているとみられる。

 今回の一連の事件では、計5人の被害女性のうち4人が黒いストッキングにスカート姿だったという。

 北村容疑者は3人姉弟の真ん中として高崎市山名町で小中学時代を過ごし、県内トップの偏差値を誇る県立高崎高校へ進学した。父親は大学で日本文学を教える准教授で、母親は地域の緑地や公園を掃除するなど環境活動に熱心なエリート一家育ちだった。高校の同級生はこう語る。

「漫画やパソコンゲームが好きでマニアックな作品にも詳しかった。でも、決してオタクっぽいタイプではありませんでした。むしろ、勉強も運動も得意でピアノも上手な優等生。成績はずっと上位で東大や京大を目指すクラスにいました」

 前出とは別の高校の同級生もこう振り返る。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい