介護で和解? 平川克美とペコロス作者、介護を語る

介護を考える

2015/02/23 07:00

 ベストセラー「ペコロスの母」シリーズの著者、本誌連載でおなじみの漫画家・岡野雄一さんと、著書に『俺に似たひと』(医学書院、朝日文庫)など多数もつ文筆家の平川克美さん。ふたりにとって親の介護は、父親との和解の旅でもあったと介護の経験をこう語った。

あわせて読みたい

  • 母の老いた局部を見て泣く男性 老人介護の現実

    母の老いた局部を見て泣く男性 老人介護の現実

    週刊朝日

    10/24

    認知症の母がくれた実に豊かな時間 『ペコロスの母の玉手箱』

    認知症の母がくれた実に豊かな時間 『ペコロスの母の玉手箱』

    dot.

    10/28

  • 認知症の母とバツイチ還暦息子の物語『ペコロスの母』映画化

    認知症の母とバツイチ還暦息子の物語『ペコロスの母』映画化

    週刊朝日

    10/26

    平川克美「別に下の世話をしてもほめられない」介護語る

    平川克美「別に下の世話をしてもほめられない」介護語る

    週刊朝日

    2/23

  • “ペコロス”岡野雄一が「認知症の母」をギャグ漫画にした理由

    “ペコロス”岡野雄一が「認知症の母」をギャグ漫画にした理由

    週刊朝日

    11/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す